高速バス利用時の注意

高速バスを初めて利用する時は仕組みを確かめ、乗り遅れて乗車券が無効にならないようにする必要があります。乗車券は指定されたバスに乗り遅れると自動的に無効になり、予約を取り直すことや同じ路線の後のバスを使えないために注意が必要です。

お盆や年末年始は高速道路の渋滞が頻繁に起きやすく、定刻通りに到着しない可能性が高いことを認識して他の交通手段を考えるなど臨機応変に対処すると安心できます。高速バスはトランクルームに荷物を預けることができますが、貴重品に関しては責任を持って管理する必要があります。

夜行の場合は移動中の時間を使って仮眠ができますが、この間にスリや置き引きが発生する可能性があるために貴重品を身に着ける際には簡単に取りにくくすることが大事です。バスの車内は狭いために体臭を発生させることや会話をする際に大声を出すなどマナー違反をしないようにすることを心がけ、他の乗客に配慮することが求められます。

高速バスを利用する場合は他の交通手段と違うため事前に流れを把握し、格安の路線は4列シートが多く占有できるスペースが限られることを認識する必要があります。初めての場合は様々な注意事項があるため事前に内容を把握し、トラブルが発生しないようにすることが重要です。